もうちょっと待って。

みえ災害ボランティア支援センターからの派遣で被災地である岩手県の山田町ボランティアセンターにボランティアセンターの運営をするボランティアスタッフとしていってきました。
d0126033_001951.jpg

d0126033_00838.jpg

d0126033_23575354.jpg


大阪に帰ってきて、もう5日が過ぎましたが、まだちょっと、自分の言葉で、公に向けて話するのは、厳しいかなぁと思っています。

せっかく行ってきたのだから、伝えたい気持ちも凄くあるのですが、まだ自分の中で整理が出来ていません。

なんかもう、ほんとに。
仕方の無い事だらけで。
どうしようもない事だらけで。

どうしたら良いんでしょうね。



支援する、と言う形に対しても、色々思うところがありました。
日本赤十字以外の団体に支援金が集まらなくなった近頃の状況で、活動資金や支援をする為に税金等から助成金等を取らなければならなくなっている各団体の現状。

事務をするにしても何をするにでも、人件費や事務所や倉庫の家賃は必要なんやから必要経費くらいは支援金から差し引いても良いんじゃないかと思います。
でないとあなたはお金出すだけなのに、支援団体で働く人たちには時間と労働の他にも各種経費を自腹で払った上に、大変な緊張感のある被災地まで入っていって、それを自分の仕事休んでボランティアでしろっての??
(勿論搾取するような極悪団体は問題外です!)

相当な覚悟やで、そんなの。
金持ちじゃないと出来へんで、そんなの。
適切なボランティア団体にお金が集まって、必要経費としっかりした支援が出来るだけの資金が満たされれば、もっと被災地は早く良くなっていくと思います。

自衛隊や警察や色んな人がたくさん動いてるけど、実際はまだまだマンパワー必要やで。

義援金なんてまだ誰の手にも、たった1円も届いてないんやで。
そりゃさ、ゆくゆくは必要さ。
でもね、発災からなるべく早く、手を打たないと。

それが出来るのは日本赤十字の義援金じゃないんだよ。
日本赤十字の義援金は確かに、1円の必要経費も引かれる事無く全額がゆくゆくは被災者のもとに届くけどさ、何て言うん?たとえば発災3ヶ月後の10万円よりもさ、発災1週間後のおかゆ一杯やったり、服1枚やったりするんじゃないかな?

生死を分けるその時に、お金じゃなくて食べ物や衣服や生活用品、あるいは労働力を、直接そこまで届ける。

いや、実際はどっちも必要なんよ。
どっちも必要。
でも今は、明らかにバランスが悪いよね。


とにかく、被災地の人たちは、本当に、よく耐え、頑張っていました。
それは、信じられないくらいに。
人間ってそんなに強くなれるんやって思うくらいに。
もちろん、精神的にも追いつめられて、心が狭くなっている人もいます。
でもそんな人を攻めれるような状況ではなかったです。

それから、地元の社協の方々はじめボランティアセンターに常勤されているスタッフの方々、僕らのように各地から集まったスタッフのみんなさん、そして、集まったボランティアの皆さん、1週間共に活動出来て良かったです。
それぞれ、色々な立場や背景の思惑のある中で、山田町のためを思って、被災者の皆さんの事を思って活動出来たのではないかと思っています。
色々ある中で、僕は精一杯出来たんじゃないかと思っています。
大した事は出来なかったですが、僕に出来る精一杯でした。


あぁ、あかんなぁ。
もうちょっと落ち着いてから書くつもりやったのに。
ちょっと書き出すと、歯止めが効かん。
怖いわ、コントロール出来ん自分が。
ま、伝えたい事はまだまだ山のようにあるけども。


被災地から帰って来るとPTSDになったり、普通に暮らしている人に対して怒りが込み上げてきたり、普通に衣食住足りている自分を嫌悪したり、伝えようとして周りの人にキツく言い過ぎたりしてしまうから気をつけて、と言われているので、なんか自分を抑えて抑えて、感情を表にあまり出さないようにしてしまいます。

なんか悶々とくぐもったままで、ぼーーっと、浮遊したまま地に足着かない感じです。

現地に1週間滞在しただけでこれなんで、ずっとそこで暮らしている人のプレッシャーは想像さえ出来ません。


はぁ、結局愚痴になってしまいましたね。
すみません。

またいつになるかわからないですが、きっと、いつか、山田町には帰りたいです。
向こうで会った地元の人たちの、少しでも元気になった顔が見たいです。


そのためにも、まずは僕が元気でなくちゃ!
結局はそれにつきるんよね。
[PR]
by sweetsjunky | 2011-05-07 00:18 | 写真生活


ステキ工房主宰者であるsweetsjunkyこと みやちとーる の写真生活などなど。


by sweetsjunky

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

このサイトの全ての文章、写真、画像等の著作権等は、管理人であるsweetsjunkyことみやちとーる及びステキ工房に属します。
よって、無断転載、複製を禁止します。


みやちとーるファースト写真集
『永遠の夏休み』
好評発売中

d0126033_7323732.jpg

お取り扱い店様
大阪
ギャラリー・アビィ
☆ジュンク堂大阪本店
beyer books plus library
Calo Bookshop & Cafe

東京
ナダール東京

三重
Cafe Scale-158
道の駅「紀伊長島マンボウ」

ネット販売
熊野水軍楽天市場店



Facebookページ
「みやちとーる(ステキ工房)」始めました。
http://www.facebook.com/sutekifactory




今年もやりました!フジロック写真展!

みやちとーる Photo Exhibition
「Thank you fujirockers!!! vol.5 〜苗場で会いましょう!〜」


会場 アートスペース亜蛮人
会期 2012年7月6日〜7月10日




過去の展示等

みやちとーるPHOTO EXHIBITION
『Thank you fujirockers!!! vol.4 〜UNITY〜』


夏の陽射しが照りつけようとも冷たい雨に打たれようとも
僕たちは大地の上で音楽とフェスティバルで繋がっていた!

会期:2011年 6月27日(月)〜7月3日(日)
会場:Cafe & Bar JAPONICA

フジロック公式サイトで告知していただきました!



「Thank you fujirockers!!! vol.3
~LET'S GO SUMMER FESTIVAL in NAEBA~」

2010年6月15日(tue)〜6月20日(sun)
ナダール大阪

フジロック公式サイトでも告知していただきました!





『Thank you fujirock!!! Thank you fujirockers!!!
Go for FUJIROCK'09』

2009年6月30日(tue)〜7月5日(sun)
ナダール大阪

フジロック公式ページでも紹介して頂きました。





☆2008年6月2日〜6月8日
大阪梅田のCLUB KARMAでsmash主催の写真展
『Enjoy FUJI ROCK ! Photo Exhibition in WEST』にメインフォトグラファー2人のうちの1人として参加しました。





☆2007年6月12日(火)〜6月17日(日)
みやち とーる写真展
会場 ナダール大阪
『Thank you fujirock!!! Thank you fujirockers!!!』






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

函箱ブログ
たのしい工夫
cafe scale の...
海山の材木屋さん

フォローミー&翻訳しまっせ!

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
more...

カテゴリ

全体
ステキ工房オワセ
出展情報等
写真生活
写真と音楽
仕事写真
from mobile-phone
from iPhone
未分類

検索

その他のジャンル

最新の記事

みやちとーるPhoto Ex..
at 2016-05-06 15:39
くまの古道美術展に出展します
at 2016-03-17 02:20
Moodoor vol.31..
at 2016-03-04 14:47
朝霧JAMS'写真展 in ..
at 2015-08-28 22:40
明日はMoodoor vol..
at 2015-08-28 22:22

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
音楽

画像一覧